2010年12月19日

過払い金返還請求のことならリセック

債務整理の無料相談が可能なLisec


現在、膨らんでしまった借金の悩み。
誰にも相談出来ずに苦しんでいる方も多いことでしょう。
巷でよく聞く、「自己破産」「任意整理」「個人民事再生法」「特定調停」といった言葉はよく耳にするものの、詳細についてはよく知らなかったりします。

借金問題で困った時には、法律の専門家に相談するのが一番です。
法律のプロである「NPO 生活安全センター LiSec」が多重債務者に評判です。

借金問題を解消するならリセックがお勧めです

▼自己破産とは裁判所の手続を経て債務を帳消し(免責といいます)にする手続です。自己破産という言葉には暗いイメージがありますが、一般的に知られているほど申立人にとって不利益はありません。
例えば、自己破産の手続はマイナスの財産を帳消しにすると同時にプラスの財産も失われますが、プラスの財産全てが無くなると言うわけではありません。生活必需品(例えばテレビやパソコン)は当然のことながら時価20万円以下の財産はそのまま所有することが出来ます。また、選挙権が失われたり、周囲の人間にばれてしまうなどということは一切ありません。


▼任意整理とは借金を減らし(どれぐらい減額されるかは借り入れた時期・金利・借入額・返済方法などによって変わってきます。)、原則無利息で3年から5年間で返済していく手続きです。
ほかの債務整理と大きく異なる点は裁判所を利用せず、司法書士や弁護士が依頼人の代理人となって債権者と交渉して、借金を減額し無利息での返済を求めていくという手続です。このようなことから周囲に知られずに手続をするのに最も合う手続きといえるでしょう。

Lisec


借金トラブルでお悩みの方は必見の債務整理


自己破産・任意整理など、相談しづらいトラブル、ご一緒にお考えします。

リセックの無料相談で借金問題を解消しよう

▼個人民事再生法とは、給与所得者又は定期的な収入がある自営業者や年金生活者で債務額が5,000万円以下の方民事再生とは債務額を100万円または5分の1に圧縮し、原則3 年間で返済する手続です。
裁判所に申し立てることによって行い、一定の手続を経て借金を圧縮します。
また、この手続の大きな特徴は自己破産とは違い、自分の財産を没収されることもありません。ただ、一定の収入があることが条件(フリーターでもOK)になります。自分の財産を守りたいけど借金の額が膨大で返済できそうにない方にお勧めできる制度といえるでしょう。

▼特定調停とは裁判所を利用して借金を減らし(どれぐらい減額されるかは借り入れた時期・金利・借入額・返済方法などによって変わってきます。)、原則無利息で3年から5年間で返済していく手続です。
利用するための裁判所での費用が最も安く、専門家に依頼した場合に支払う費用も他の債務整理に比べて最も安い手続です。手続の内容としては、調停委員、債権者、債務者(専門家に依頼した場合は専門家が債務者の代理人となります。)の三者で話し合いをして、借金を減額し無利息での返済を求めていくという形で進めていくことになります。


あなたの債務状況にベストな解決法を提案する「特定非営利活動法人 生活安全センター LiSec」

◎債務整理のご相談はLisec公式サイトからどうぞ。


特定非営利活動法人
生活安全センター・リセック
〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60-45F


posted by 債務整理 at 11:00| リセック(Lisec) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。