2011年08月23日

債務整理で迷った時は法律相談.comがお勧め 法律相談.com

借金トラブルは、専門家に相談する事が解決の近道です!
法律相談をもっと身近にする【法律相談.com】をご案内します。

借金地獄から抜け出したい方に朗報です!

「もうこれ以上返済ができない」
「生活費のほとんどが借金返済で消えてしまう」
「自己破産の仕方を教えてほしい」
「家を残して債務整理できないだろうか?」 etc...
こんな悩みは、司法書士に相談しましょう。
必ず解決の方法は見つかります。

過払い金の請求は、完済された方でも可能です




最善の解決策をアドバイスをするには、詳しい情報が必要となります。
ご相談いただいた際に確認させていただくのが、

* どんな相手(個人、業者どちらも)と何年取り引きを続けているか(または、続けていたか)
* どのくらい借り入れをして、現在の残高はどのくらいか
* 取り引き時の金利(利率)はいくらか
* 現在の生活状況と収入の額

基本的に、このようなことは最初に確認をさせていただきます。
また、相談される方は様々な悩みを持っています。 家族に知られたくない、こういう状況で支払いが滞ってしまっている、等
これらを隠さずお話いただくことで、最適な解決方法を導き出すことが可能となります。
借金で生活が苦しい、解決方法がわからないという場合は、何かしら対策をしなければ苦しくなる一方です。
まずは無料相談で、現在の状況をご相談下さい。

過去に払い過ぎた金利を取り戻せるのをご存じですか??
過払い金とは、簡単に言うと「返しすぎたお金」のことです。
過払い金のイメージ本来、利息の率は法律で上限が決められています。
しかし、多くの金融会社、サラ金、ヤミ金では、法律で定められた利率より高く設定している会社がほとんどでした。

高く設定しているということは、当然法的には支払わなくてもよかった額を利息として支払っている、ということになります。
もしも余分に払っていた分を元金の返済にあてられることができていたら、元金の残高はもちろん、支払うべき利息も徐々に少なくなっていったはずです。
その状態でさらに長い間返済を続けていると、元金と正当な利息を払い終わっているにもかかわらず、まだ返済を続けているという状況になることがあるのです。

この、元金と正当な利率を超えて払いすぎているお金のことを、過払い金といいます。
過払い金請求とは、この「支払いすぎたお金を返してよ」と債権者に請求をする手続きのことなんです。

過払い金請求は、正当な権利です。本来払わなくてよかったお金はしっかり返してもらいましょう。

法律相談.comでは、借金問題を解決する方法をご提案します!


過払い金の返還請求がさかんになってきたことにより、それまで違法な金利で貸付けを行っていた貸金業者の
経営が悪化しています。

払い過ぎた利息があるにもかかわらず、和解交渉がまとまる前に倒産や債権譲渡を
されてしまうと、 その過払い金を取り戻すことが非常に難しくなってしまいます。
また、経営悪化を理由に過払い金の返還を渋る業者も増えてきています。

もしも過払い金の返還請求を考えているなら、早急に対応が必要です。
まずは無料相談で、現在の状況をご相談ください。

過払い金請求のご相談は法律相談.comまでどうぞ。


運営事務所名:Y’s office 司法書士法人横野事務所
代表司法書士:司法書士 横野 正典
登録番号:東京司法書士会 登録番号:第5288号
簡裁代理権認定番号:712135号
【所属】大阪司法書士会 第3478号
簡裁訴訟代理業務認定第 第812103号
posted by 債務整理 at 14:00| 法律相談.com | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

債務整理で迷った時はリーガルパートナーがお勧め

多重債務者に人気が高い司法書士法人リーガルパートナー

債務整理とは、消費者金融、クレジットカード、銀行などに対する借金問題を法的手続により解決することです。
司法書士リーガルパートナーでは「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金返還請求」などで、お客様の債務の状態に合わせて最適の整理方法をご提案をさせていただきます。

安心してご利用いただけるために、手続きの明瞭化と費用の明確化を徹底しております。




任意整理、過払い金請求、自己破産、個人再生なら司法書士法人リーガルパートナーにお任せください。

相談無料・減額報酬なし 司法書士法人 リーガルパートナー

【任意整理】
債権者 1社につき 30,000円(税別)
諸経費(通信費等の実費相当額として一律) 3,000円
過払い金返還請求 相手方1社につき 現実に取り戻せた額の20%(税別)
※ただし最低基準額を適用させて頂く場合がありますのでご確認ください。

【不当利得返還請求】
完済後の過払請求
相手方1社につき諸経費(通信費等の実費相当額として一律) 3,000円
+現実に取り戻せた額の20%(税別)
※お客様にご負担して頂くのは、諸経費のみです。
※手続費用・相談料に関しては、分割払いも可能です。


◎債務整理の無料相談は司法書士法人 リーガルパートナーからどうぞ。


会社名:司法書士法人 リーガルパートナー
【大阪オフィス】〒530-0012 大阪市北区芝田1丁目4-8 北阪急ビル6階
【八尾オフィス】〒581-0831 大阪府八尾市山本町北3-6-23


posted by 債務整理 at 10:07| リーガルパートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

過払い金返還請求のことなら債務110番

借金や債務整理の相談はお気軽にお電話ください。
借金問題は、相談することが解決への早道です。

「債務110番」では、全国の多くの相談された方の解決実例をもとに、
あなたの状況に最も適した解決方法・債務整理を無料でアドバイスいたしております。
あなたも一人悩まず、お気軽にご相談ください。

借金地獄で苦しんでいる方に「債務110番」がおすすめ





《各種 債務整理の特長》
【自己破産】
自己破産とは裁判所の手続を経て債務を帳消し(免責といいます)にする手続です。
自己破産という言葉には暗いイメージがありますが、一般的に知られているほど申立人にとって不利益はありません。
例えば、自己破産の手続はマイナスの財産を帳消しにすると同時にプラスの財産も失われますが、プラスの財産全てが無くなると言うわけではありません。
生活必需品(例えばテレビやパソコン)は当然のことながら時価20万円以下の財産はそのまま所有することが出来ます。また、選挙権が失われたり、周囲の人間にばれてしまうなどということは一切ありません。

【任意整理】
任意整理とは借金を減らし(どれぐらい減額されるかは借り入れた時期・金利・借入額・返済方法などによって変わってきます。)、原則無利息で3年から5年間で返済していく手続です。
ほかの債務整理と大きく異なる点は裁判所を利用せず、司法書士や弁護士が依頼人の代理人となって債権者と交渉して、借金を減額し無利息での返済を求めていくという手続です。
このようなことから周囲に知られずに手続をするのに最も合う手続きといえるでしょう。

【個人民事再生】
給与所得者又は定期的な収入がある自営業者や年金生活者で債務額が5,000万円以下の方民事再生とは債務額を100万円または5分の1に圧縮し、原則3年間で返済する手続です。
裁判所に申し立てることによって行い、一定の手続を経て借金を圧縮します。
また、この手続の大きな特徴は自己破産とは違い、自分の財産を没収されることもありません。
ただ、一定の収入があることが条件(フリーターでもOKです。)になります。自分の財産を守りたいけど借金の額が膨大で返済できそうにない方にお勧めできる制度といえるでしょう。

【特定調停】
特定調停とは裁判所を利用して借金を減らし(どれぐらい減額されるかは借り入れた時期・金利・借入額・返済方法などによって変わってきます。)、原則無利息で3年から5年間で返済していく手続です。
利用するための裁判所での費用が最も安く、専門家に依頼した場合に支払う費用も他の債務整理に比べて最も安い手続です。
手続の内容としては、調停委員、債権者、債務者(専門家に依頼した場合は専門家が債務者の代理人となります。)の三者で話し合いをして、借金を減額し無利息での返済を求めていくという形で進めていくことになります。

借金返済

多重債務者に評判の債務整理相談サービス
債務110番では、お金のトラブルに関する無料相談を受付中!

「借金が返済できなくて困っている…」
「金融会社の厳しい取り立てで困っている…」
「誰にも知られずになんとかしたい…」
「家族や親族に知られてしまうことが怖くて必死で支払いしている…」

お金を返すことは当たり前のことですが、借金を返すための借金は、決して問題解決にはなりません。
そのような状況を打破し、安心、平穏な生活を送りませんか。
一人で悩んでいないで“債務110番”から、解決の一歩を踏み出しましょう!


◎借金の悩み相談は債務110番までどうぞ。


運営会社:株式会社クレディサポート
所在地:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-39-4
posted by 債務整理 at 14:46| 債務110番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。